中古マンションの購入に当たり注意する点


賃貸住宅で過ごしていたが生活拠点を固めるべくマンションと土地付き家屋を探してみました。マンションは、土地付き家屋に比べて初期投資が少なくて済み、かつ、間取りも小さいものが多かった。独身者に多くの部屋は必要ないため、まず築経過年数が結構過ぎているマンションを探してみました。マンションは地方都市にもあるが、さすがに田舎で物件は探せなかったです。

安価な物件があったので不動産へ伺った。その該当物件は地方都市に立地していました。担当した方から築経過年数が経過しているマンションは管理費用の額及び実管理の実態、大規模修繕の可能性があること及び入居するまでに必要な修繕があることを現地で説明してくれました。また、古いマンションなので極端に駐車場の数が少なく、居住者は生活圏によるが近くに駐車場を借りる必要があるだろうことがわかりました。安い物件でなぜ売れないのか不動産担当者の話を聞いてわかった気がしました。

マンションの購入を考える際、新規と中古があります。中古は管理費用をいくら徴収し管理水準がどの程度であるか現地(滞納の有無も含む)で確認すること重要です。本件のマンションは購入まで行きませんでした。不動産担当者が今後出費が考えられることを教えてくれました。中古の場合、初期投資だけではなく投資マンションとしてのメリット、実質利回り、大規模修繕の可能性についても検討した上で、購入の可否を考えては如何でしょうか。